お問い合わせ
お問い合わせ

ブログ

断熱工事は「気密」や「換気」と一緒に考えよう

エネルギーの効率化などの観点から、高気密・高断熱の住まいが普及し、今も広がっています。
断熱方法は、大きく分けて次の2種類があります。

・充填断熱工法(内断熱)
・外張り断熱工法

 



一般的なのは、取り扱うケースが多く、コスト的にも割安となる充填断熱工法です。
充填断熱は、柱と柱のあいだに断熱材を入れ、湿気が入らないように防湿層を連続させていく工法です。

【メリット】
・外張り断熱よりも割安
・外装材や外観の形状に制約がない
・歴史が古く、一般的に採用されている工法
・断熱材の選択肢が多くある


【デメリット】
・気密化を徹底するためには、高い技術が必要
・正しく施工しないと結露が起こりやすくなる


断熱材は、床、壁、天井をすき間なく覆わないとじゅうぶんな断熱効果を発揮できず
結露を生じさせてしまう恐れもあるため、知識と技術をじゅうぶんに持っている職人さんに
依頼することが重要なポイントとなります。

 

 


いっぽうの外張り断熱工法は、柱の外側に断熱材を張るため、仕上がりの壁が厚くなります。
断熱性能は高いのですが、限られた敷地で、隣地から外壁の距離を決められている場合などでは
注意が必要といえます。

【メリット】
・気密性能にばらつきが出にくい
・熱ムラが少ない
・結露しにくい
・柱内部も自由に使える

【デメリット】
・コストが高い
・外装の種類や建物のかたちによっては、向いていない場合もある
・火災などに強くない材料がある
・シロアリの食害を受ける可能性がある

 

このように、それぞれに一長一短があり、どちらの断熱工法が良いかは一概に言えないところです。
気象条件や敷地、建物の形状、コストなどを比較して、総合的に判断することがオススメです。

 

 

リフォームのことなら何でもお任せしていただける、泉大津市にある「ODA建築」です。

お客様の納得を大切に二人三脚で、施工させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2020.11.20

pagetop